バリアフリー住宅/バリアフリー場所別対策

バリアフリー住宅


■バリアフリー場所別対策


・玄関の段差対策

開き戸タイプの玄関扉は防火上の理由もあり、下枠部分に少なからず段差のあるものが多いですが引戸タイプの玄関扉を選択すれば殆ど段差が生じなくなります。

連動型引戸は扉を開けた時の有効巾が大きいので介護の際は便利です。

玄関にはほとんどの住宅で大なり小なりの段差があるはずです。

この段差を解消するには玄関に入る前の部分を室内床と同じ高さのフラットにしておかなければなりません。

しかしどうしても屋外のスペースが確保できない場合などは段差解消機等を設置して対処が可能となります。


・トイレ内の対策

トイレは毎日何度も使う所なので最も使い易くなるように設計することが求められます。

使用者の障害の程度により、位置や種類を考えながら手摺を設置する必要があります。

また自動で反応する機器類を導入できれば使用者の使いかってが向上します。


・洗面所の対策

洗面化粧台は車椅子でも利用し易いような下部が引っ込んでいるタイプが便利です。

握りバーを設置すれば使用の際カウンターに体を引き寄せることができます。

また水栓も自動で作動するものを選べばより使い易くなります。


・浴室の対策

浴室への出入りも困難が付きまといますので、扉はなるべく大きく開く引戸が使い易いです。

一般家庭では浴槽内への出入りは危険が伴うので、浴槽に入るのが難しい場合などは座ってシャワーを浴びられる座浴の設置も可能です。

浴室が離れている所にある場合などは、寝室の近くにシャワー室を設置すればスペースも取らず即座に対応可能です。

トイレの近くに設置できればいろいろと便利に使えます。


・廊下の対策

廊下は車椅子でも壁にぶつからないように極力巾を広くする必要があります。

通行のし易さはもちろんのこと視覚的にも安心感が得られますので重要な場所です。


・扉の取手

各部屋への出入り口には可能な限り握り棒タイプの取手が望ましいです。

廊下側に出っ張りが大きくなるかも知れませんが、手の動きが良くない方だけでなく全員が使い易くなるので、スペースにゆとりがある場合は握り棒タイプの取手が便利です。


・キッチンの対策

下の部分が引っ込んでいるタイプのキッチンを選べば車椅子でも利用可能になります。

上下に移動する吊り戸棚を使えば背の低い片でも使い易くなります。


・屋外テラスとの一体化

屋外にテラス等ができる場合は室内床との段差を無くしフラットに仕上れば、屋外の空気と接することができる場所になります。

一日を多く過ごすであろうリビングに接続してテラスを設置すれば、リビングの延長のようになりより広い空間に感じられます。

エレベーターによる上下の移動

エレベーターの設置により上下階への移動が可能になる為行動範囲が大きく広がります。

ホームエレベーターの普及により設置スペースが小さい小型エレベーターも開発されてきました。


・階段の手摺

階段には手摺を設置します。建築基準法でも手摺の設置が義務付けられています。

夜間でも足元を照らす照明設備があるとより安全です。

リフォーム ホームプロバリアフリー場所別対策