バリアフリー住宅/トイレのリフォーム

バリアフリー住宅


■トイレのリフォームのポイント


住宅の中でトイレはもっとも重要な場所と考えられます。
朝、昼、晩問わず使用され、もっとも使う頻度の高い場所です。


1.腰掛便器であること。

立ち座りに負担がなく座る姿勢にも無理がありません。

2.ウォシュレット

おしり洗浄機能、暖房便座は衛生面や冷え対策などの面から見ても必要です。
また、楽な姿勢で操作できるリモコン付きのもので視力低下や夜間の使用を考え操作ボタンが大きいものを選びます。


3.体感保持

便器に長い間座り続けることが疲れの原因になる場合があります。
背もたれやアームレスト手すりなど身体を支える機能が必要です。


4.掃除にしやすさ

高齢化とともにトイレの使用頻度が多くなります。
床から独立した壁掛け形式の便器であればトイレの床などのそうじも楽にすることができます。


5.引き込み戸

トイレなどの出入り口は引込み戸にするのが望ましいです。
外開きドアと比較してドアの開閉時の身体移動が少なくなります。
また、ドアの前出が少ないため、狭い廊下でも通路幅を確保することができます。

リフォーム ホームプロトイレのリフォーム